09/2311:00 - 12:15

コロナ禍の製造業 - 調達コスト改革10個の武器

こんな方におすすめ

  • 経営者
  • 調達部門
  • 設計部門
  • 製造部門

セミナー概要

コロナ禍で経営状況が厳しい経営者の皆様は何を改善されますか。利益とは売上から費用を引いたものであり、利益をあげるには売上を増やすか費用を減らすしかありません。売上をあげる、というのは外部の要因も伴い容易ではないなか、調達コストを見直して費用を下げることは自社で取り組みやすい施策のひとつです。一方で、日本の企業の経営層には調達責任者の取締役や執行役員が少ないと言われています。調達を経営事として考え、最適化していくことが生き残り非常に重要になります。こちらの人気セミナーでは、調達コストを改革するための10の武器について紹介します。調達担当者が本当に力を入れるべきA群の部品群とは?時間をかけずにコストダウンすべきB群とは?具体的に明日からとれるアクションを含めてお話しします。

セミナー内容

  • コロナ禍での製造業の現状
  • 抜本的コスト削減の10 個の武器
  • 武器としてのCADDi

講演者

キャディ株式会社 代表取締役CEO

加藤 勇志郎

東京大学卒業。外資系コンサルティング会社マッキンゼー・アンド・カンパニー入社後、シニアマネージャーとして、日本、中国、アメリカ、オランダなどグローバルな領域で製造業メーカーを多方面から支援するプロジェクトを牽引。装置・機械、重工業、輸送機器、建設機械等の多品種少量業界の大手メーカーに対して、購買・調達改革、サプライチェーン改革を支援。IoT/第四次産業革命領域の立ち上げを推進した後、製造業の調達分野における非効率や不合理を抜本的に解決したいと思い、2017年11 月にキャディ株式会社を創業。

キャディ株式会社 調達支援プロジェクト 全体統括ディレクター

幸松 大喜

東京大学を卒業後、マッキンゼーにて約4年間勤務し、国内外の製造業を中心にオペレーションやSCM分野を担当。26歳でマネージャーに昇進し、1万人を超える組織のIT戦略や組織改革などをリード。その後板金加工会社に勤務し、町工場の実情を肌身で学ぶ。2017年末にキャディ株式会社の創業メンバーに。

セミナーについて

  • オンライン開催
  • 参加費無料
  • 1社何名様でも
    参加可能
  • 途中参加
    退場自由
  • 他の参加者には
    匿名で参加可能
  • パソコン/スマート
    フォンで参加可能
このセミナーに申し込む