10/2011:00 - 12:15

【装置メーカー経営者向け】
製造業戦略のニューノーマル オープン化とリモート化

こんな方におすすめ

  • 経営者
  • 調達部門
  • 設計部門
  • 製造部門

セミナー概要

コロナウイルスの影響が広範囲にわたり長期化する中、製造業にも甚大な影響が発生しています。多くの大企業もその経営状況は厳しく、中小の製造業に至っては廃業に追い込まれるなどのニュースが報道されています。我々は今後、コロナウイルスをはじめとした感染症による影響を完全に払拭できない前提として、リスクとともに企業経営を推し進めることが新しい時代に求められています。 このセミナーではwith感染症の時代に発生するリスクだけではなく新たに発生する事業機会や、たった2つの新戦略:製造のオープン化(調達の集散両立化・セミファブレス化・設計のDFM志向)と製造のリモート化(データ化/アクセシビリティ強化・コミュニケーションリモート化・実物ハンドリングのリモート化)について、解説いたします。 ひとつでも気になるキーワードがあった方、今後の企業経営における意思決定にお悩みの方、ぜひお気軽にご参加ください。

セミナー内容

  • 新型コロナウイルスの概況と製造業で今起こっていること
  • これまでの「名ばかり BCP」からの脱却
  • 新時代の経営戦略、「オープン化」と「リモート化」
  • 今こそ攻め時!新時代の新たな事業機会

講演者

キャディ株式会社 代表取締役CEO

加藤 勇志郎

東京大学卒業。外資系コンサルティング会社マッキンゼー・アンド・カンパニー入社後、シニアマネージャーとして、日本、中国、アメリカ、オランダなどグローバルな領域で製造業メーカーを多方面から支援するプロジェクトを牽引。装置・機械、重工業、輸送機器、建設機械等の多品種少量業界の大手メーカーに対して、購買・調達改革、サプライチェーン改革を支援。IoT/ 第四次産業革命領域の立ち上げを推進した後、製造業の調達分野における非効率や不合理を抜本的に解決したいと思い、2017 年11 月にキャディ株式会社を創業。

技術営業部 マネージャー

原 申

新卒で百貨店に入社しアシスタントバイヤー職を経た後、マーケティングリサーチ企業のマクロミルに入社。 営業、企画、人事など様々な部門を経て、複数の新規事業の立ち上げとそのグロースを牽引し同社執行役員に就任。 AI領域のR&Dヘッドやニューロマーケティング子会社の副社長等を歴任した後、2019年にキャディに参画。 キャディではカスタマ―サクセス等の部門を経て、現在はHR(人事領域)のリーダーを担当。

セミナーについて

  • オンライン開催
  • 参加費無料
  • 1社何名様でも
    参加可能
  • 途中参加
    退場自由
  • 他の参加者には
    匿名で参加可能
  • パソコン/スマート
    フォンで参加可能
このセミナーに申し込む