08/20 11:00 - 12:15

材料調達の「いろは」と「これから」

こんな方におすすめ

  • 経営者
  • 調達部門
  • 製造部門

セミナー概要

加工会社のみなさまにとって材料の調達は重要なテーマのひとつです。同じ材料を入手するのに、どこからどのくらいの量を買うのかで価格が大きく異なります。特に経営が厳しくなるコロナ禍のいま、材料をどう買うかは加工会社にとっては死活問題と言われています。 本セミナーでは材料商社出身のキャディメンバーと大手製造メーカー出身で材料を買っていたキャディメンバーが製造原価の構造、材料の流通構造を解説したうえで材料調達のコツやこれからについて語ります。

セミナー内容

  • 製造原価構造
  • 調達・流通構造と登場人物
  • 材料調達のいろは
  • キャディと考える材料調達のこれから

講演者

キャディ株式会社 SCM 部 マネージャー

湯川 恭光

新卒で阪和興業㈱に入社後、国内外企業に金属材料販売から加工品販売、プラント製罐物請負などの業務に準じ後、デロイトトーマツコンサルティングにて自動車/金属/プラント/静脈業界の国内大手企業向けに新規事業開発支援から調達改革支援をしキャディに入社。キャディでは生産管理、西日本営業をリード後、現在はサプライチェーン構築を担当。

キャディ株式会社 生産管理部

北島 陽造

ものつくり大学卒業後、フォークリフト、ミニ建機メーカのコマツユーティリティ(現コマツ)入社。組立生産技術ののち、生産技術開発センタにて運転席構造、プレス成形シミュレーション研究をリード。調達部に異動し運転席の試作から量産立ち上げを推進。溶接ロボットシステム導入による合理化、キャブ塗装ライン改善PJTなど協力企業様に入り込んだ工程改善、設備導入をリードして品質改善、原価改善をサポート。キャディにて製缶成品の受発注を担当。

セミナーについて

  • オンライン開催
  • 参加費無料
  • 1社何名様でも
    参加可能
  • 途中参加
    退場自由
  • 他の参加者には
    匿名で参加可能
  • パソコン/スマート
    フォンで参加可能
このセミナーに申し込む